admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島に行く前は、朝から何も口にせず!が信条。
今回は初めていわしつみれ汁食べたよ!
う、うますぎて撃沈。ちなみにもつ煮とつみれ汁と牛串とおにぎり食べました。
さすがに食べ過ぎでこれまた撃沈。

鹿島のゴール裏は内田篤人へのメッセ弾幕でいっぱいだ~。
そいからあそこに見えるのはレオ様だ~~うわ~お、らっき~~☆
ついついレオ様コールを口ずさみそうになってしまいました、危ない危ない(w
と、色々反応しつつ、試合前に一番反応してしまったポイント。

ホペイロさんのボールの並び方に変更が!!!

ペナ内のボールの並びが変わってましたよ。どう変わってたか書いてたら馬鹿だと思われるので書きませんが(w
ついでに、ボールを並べてる途中で、こっちとあっちのボールを取り替えてみたりとかしてるんですよねぇ・・
だからそのこだわりは何?ああー気になる。と、試合前から楽しみました(暇人)

GKのアップを側で見れるのは、アウェー限定なので(フクアリではアウェー寄りに座ってるので遠いのだ)、
これまたぐっぴーを生ぬるく見守っていましたが。

GKって、そ、そーだったのか!そーだよな、大変なんだよな!と新たな事実に気がつきました。

そう、GKの着替えは一苦労!という事実。
だから何?
だって、GKのアップなんて見たことなかったんだもん!
いきなりびよよ~んと伸びてるから面白かったんだもん!

キャプテンは上手にあげれるてんぷら油の看板持たされてます。
看板でかすぎです。

試合開始しばらくは、アウェーメインの前でアライバショータイム。
アライバっていつから右だったんですか?
右と左のとっさの判断が子供の頃からつかないワシは、
右・・右だよな、どう見ても右にいるよな・・とかなり時間かけて考えちゃいましたよ。
紛らわしいからやめていただきたかった。
つか、何度も上がってこられて怖いのでやめていただきたかった。

ほんでもまぁ鹿島が大ふかしとかしてる間に、ふと見ればジェフのCK。
ニアに飛び込んで来た人影、ずばっとヘッド一発!きゃ~~ぷて~~~んんn(´∀`*)
すんげー早いの、もうびっくり!

ハース役得(w

その後、今度はアウェーメインスタンド前を走り抜ける山岸をお見送りまくる。
いってこ!あがってこ!ゴール決めてこ!と頼もしく見送り続ける。
ハースを前に、安心して全力でアップダウン繰り返す山岸智の成分は、80%・パス&ゴーで出来ている。脱帽。

つーか、やっぱハースさまさまなのだよなぁ~~~~~~~。

2点目のキャプテンFKは、なんとな~く予感がしたのだよな~。キマルヨカンガ。
そもそもキャプテンのFKをまだ一回くらいしか見た事ないんでないか?ワシは。
そゆわけで、なんかわくわくしたのでカメラを構えてみました。

当然ながら、決まった瞬間は撮れてません(w

自分の目線の対角線上に吸い込まれてったボール。
あの勇人の上を通り過ぎていったのねぇ・・賢いわ、ほんと賢い選手だわ。

ハースのキャプテン溺愛っぷりには、勇人もあてられっぱなしだね(・∀・)(←違

前線から中盤そして最終ラインまで。
激しいチェックで、鹿島のボールを奪い、むしり取ってゆく選手らの気迫に圧倒され。
どんな外的要因も言い訳にせず、ピッチ上で黙々と、やるべき事をやり抜いている、
一人残らず全員でやり遂げるその精神力に、ただただ拍手。

だが、せっかくむしり取りながら攻撃に移ろうと送ったボールを
相手に贈っちゃうパターンも見受けられるのは改善を望みたいが・・
すぐ取り返しにゆくから許せるのですけどね。自分が疲れちゃうからね。

本山のアタック、ぐっぴー飛び出しゴールがら空きとか、ミネイロ追っかけ抜かれて、これまたゴールがら空きとか。
この2連発にはかなり肝を冷やしましたが、
「結城の退場は自分が飛び出しをためらったせい」と、何度も反省してたぐっぴーの、
反省を言葉だけでは終わらせない姿勢が見えて、逆に好印象。

前半終盤間際とか、鹿島に大分ボール持たれてたりしたし、
後半は特に本山が左サイドを活発に動いてて、怖かったな。
あとその後ろのなんとかゆう外人。結構左から抜け出されてた。
ジェフの方の攻撃は、実際問題、完璧な形になりきる前に終わる事も多かったし、
2点リードして、精力のほとんどを守備にかけていただろうしね。
まぁあんまり書き留めるほどの何があったでもない。
そいでも、いざとなったら勇人も飛び込んでくるし、羽生さんも、山岸も。

CK、中島の折り返しに、巻ヘッド、こぼれたところを、キャプテン。
んで、キャプテンのハットトリック!
阿部勇樹プロ初のハットトリックを、こんなにわか者が拝見してしまって良かったのでしょうか?
でも嬉しい嬉しい超嬉しい!!!もうキャプテン凄すぎ!!
誰がいつどこにインド?わけわからんくらいに凄すぎる。
そりゃアマルのみならず、アウトゥオリも絶賛するさ。

一番構図的に気に入ってたものに限って、ぶれぶれなんですね・・あははは・・(P∀`q。)
しょうがないのですがね。興奮しまくりなんで。難しいのう。

でもって、4点目はこの試合唯一の崩しからのゴールで。
羽生さんのクロスから山岸のヘッド。
いいとこ見てるよね~~やっぱりさ。
一番遠いサイド、あそこから出てくるのがさすが山岸。
んでちゃんとそこを分かってるのがさすが羽生さん。

山岸はゴールも良かったけど、とにかく前半からのパス&ゴー姿勢に改めて敬意を表していたのですが、
特に後半の一人パス&ゴー&レシーブには骨抜きにされた(w
自分で出したパスに自分で追いつく。野人・岡野以来ですね!(あれとはちょっと違うが)
あれ、普通のチームだったらライン割るか相手ボールになるかで終わってると思うのです。
だが、巻がオフサイドで関われないとなったら、ぐる~っと回り込んで自分で出したパスを自分で受け止めて。
ただそれだけなんだけど、なんか感激してしまった。
つか、鹿島も何やらせてんだよ?って話ですが(w

4点リードして、それでも最後までチェイシングをやめない選手ら。
巻の守備への貢献がどれだけ多大であったことやら。
前線からだけじゃなく、最終ラインに加わっての巻なんて、代表クラスのDFぷりだよ!よく見とけよ!
ちゃんとアシストもしてるぞ。どうだ!

ゴール前で、まだもつれ合ってこんがらがりながら、マイボールにしようと粘りまくってた坂本やら。
ああもう泣かせてくれるよ4点リードで、それでもこの妥協のない守備っぷり。

そいから、勇人。前線に何度も飛び出してきてた前半、鬱憤晴らす勢いで。
試合最後の方でも、まだ衰えぬ走力。ものすごい前線での追いかけっぷり。そうして鹿はどんどんバックパスに逃げるしかなくなり。
あ~~勇人えらい~~えらすぎる~~~。゜゜(´□`。)°゜。
この衰えぬ運動量は一体どっから来てるのですか?
でも、衰えぬったって、ほんとはしんどいはずなんだよね。
試合後に脚伸ばしてさ、きついんだろな、当たり前に。

キャプテンだって、浦和戦同様、試合終了と同時にへたり込んでていて。
ヒーローインタビューなんて、もう脳味噌まで酸素行ってません状態じゃないか~(つд`)
みんな出せる力全部で闘ってる、それも毎試合、毎試合、すごいな~・・
ああ、また感動してしまった、やばいからジェフ。

だけど、鹿島はこのままでは終わらないに決まってる。
攻め立てられた時間、マークが追いつかなかったシーン、沢山あったし。
やっぱり怖いことに変わりはない。
一方的な試合になった分、手の内さらけ出させずに終わっちゃったしね。
余計に11月3日は厳しい試合になるだろな。

でも選手を信じてみよう。信じるに値する選手達だと思うから。
スポンサーサイト

魂のマンマーク90分一本勝負、しびれたぜ。

今日の巻見て、今日の山岸見て、そいからほざくといいと思うのよ。
下手だのなんだの技術しか見ないよーな人々は。
てか、人は。
てかそこのおやじ!

まぁハラヒロミもゆうように、
切り取ったプレーだけ見て、やいやい言われる、それが代表、ってものなのでしょうけどね。

どっちがインド帰りか分からないね・・
うちらインドより弱いって言われるね、とはハーフタイム中の鹿サポのぼやき。
あくまでも鹿サポによるぼやきですから、念の為(笑)
鹿も部分部分はやっぱ怖かったよ。本山は特にな。

超効率的試合で収めた勝利でありました。
流れの中で崩したシーンは少なかったけど、
脅威的なマンマーク、よくぞそこまで追いかけ続けられるものだな、と。
一時期のぐだぐだ守備が嘘のようで、そこに加わったのはなんなのかな?
それが代表として、外野からやいやい言われることへの意地だったら
代表効果てきめん!なんだけどな(笑)

とにかく、巻と山岸の笑顔が嬉しかった。
あとはまた寝てからの話。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 てんてん*, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。