admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後1時から等々力に、川崎ー大宮のサテ戦に行き動いてる鬼木さんを前半まで鑑賞。
そっから大急ぎで千葉に行って、トークバトルを見て羽生さんらのトークを堪能。

という大忙し!でも超うきうき~~~~☆☆な一日!

になるはずでした・・・・・・
起きたのが14時半じゃなければなっ!( °∀°)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

・・だって、トヨスタ遠すぎて、死ぬほど疲れてたんだもの・・
とっとと寝ればよかったのに、心のリハビリがてら、ホンディフェチさんからお借りした、2005WY・DVDの数々を眺めてしまって、
ふと気がついたら夜が明けていたのだもの・・
だが後悔はしていない!コーキ、堪能したよコーキ・・(*´д`)ハァハァ

そおゆうわけで、鬼木さんの復活勇姿も、羽生さんや山岸や巻のおもしろトークも見れないまま
ワシは大人しく大分ー鹿島なんて見てました。

で、結論。
今の鹿島に負けるわけにはいかないね。
解説の金田さんに、散々駄目だしされてて
「(ナビに向けて)救いはジェフも不調な事ですね」なんて言われてたが
いや、ジェフの不調と一緒にしてもらっては困るな。
少なくともジェフの選手は気持ちレベルでだけなら、絶対戦ってくれてるので。

鹿島の4連敗は7年ぶりとか・・そうか、あの99年以来かー・・(遠い目)
そら本当に深刻な状況だな。復活の兆しが見えないのも頷ける。

んだが、とにかく、今の鹿島には負けられない。
つーか、負けたくない、こんな試合するチームには。

と、なんだか凄く思えた大分ー鹿島テレビ観戦でした。

話はいきなり変わりますが、名古屋戦の画像を一枚だけあげてみる。
大宮戦は、撮る気にもあげる気にもならなかったのですけど
まぁそこまで酷くはなかったしな。
遠かったので、映りが悪いですけど、こういう和むシーンもあったのだよなぁ~~。ああ、本当に勿体無い試合でした。

羽生さんの頭を撫でるコーキ。
撫でられてる羽生さんに萌えるも可。
羽生さんしか撫でれる相手がいなさそうなのでここぞとばかりに撫でてるコーキに萌えるも可
遂に勇人は髪を切りましたよね?ね?た、多分(自信ないのか?
スポンサーサイト

名古屋サポ側でばっかり試合やらないでくらさい!!(つд`)

スタメン見た時に、さ、坂本が外れてる!Σ(゜ロ゜*!!
だ、大丈夫なのか!!?Σ(゜ロ゜*!!
と、不安いっぱいだったけど、蓋を開けてみれば、
ヨンセンに大さん、玉田にキャプテン、杉くんに水本君で、ストやんが一枚余り、てな4DF状態だったので、
坂本が外れたのも致し方ないところか。

で、実際試合開始と同時に、仕掛けまくるジェフ。
あーずっこいな~~いいな~~名古屋サポ~~と羨ましくなる勢いで、
畳み掛けられるだけ畳み掛け、反対側でよく見えないのが、もう悔しいッたらありゃしない!でした。

とにかく、コーキが・・「気合空回っちゃったらどうしよう」なんて心配は皆無で、キレてたなぁ・・ホンディとの勝負がほんとに面白かった。
対面勝負一発目に、スピードダッシュ勝負かけてさぁ~~(´∀`*)
喧嘩の極意は先制パンチ!って感じで、よかったのになぁ、ほんとに。見てて楽しくて・・でも遠くて良く見えないわけだが。。
あとはハースにしっぽりボールが収まってくれたお陰だね。

DFも、久しぶりの大さんが、生活かかってますから!なとこを散々見せて、よくヨンセンを抑えてたと思うし。
守備も攻撃も、こないだの大宮戦のイメージをかき消してくれてた。

なんだかんだ散々チャンス作って、でも結局のところ得点は、一番シンプルな形。
後方からのロングボール一本に、羽生さんがDFラインから飛び出して、そのままシュート、ゴール。
ま、結構あっけない形でしたね。

で、そっから追加点を奪えなかった、散々チャンスはあったのに。
それが全てでしょうね。
特に!!

山岸があれを決めてりゃ・・・・・あああああああ山岸ーーーっつ。゚(゚´Д`゚)゚。

山岸が直志さんにプレスかけて、高い位置でボール奪って、そのままエリア侵入、GKと一対一だったような?もう絶対そこは決めろ!状態だったのに・・・外したのがな・・その時に、なんかイヤな予感がしたんだよ。
あれを決めてたら、結構なダメージだったと思う。
ボールの取られ方が悪すぎだったからね、名古屋的に。
直志さんは、これで直志叩きをまぬがれたな、感謝してくれ、山岸に。

そんなチャンスを逃してるうちに、徐々にミスが増えてくる。
攻撃がうまくいってる時間帯は、とにかくハースにしっかりボールが収まっていたのだけれど
なんか何を狙ってるのだか知らないが、ハースが妙にこねくりだしたり
わけわからんタイミングでパス出したり、、何やってんだ?状態になってきて、
そのうち、中盤全体で、ミスパスの嵐が始まってきて・・

・・・なんかいやな感じだよ、ほんと、2点目取らないと怖すぎるよ・・
と思っていたら、結局そのままになってしまった。

ストやんの、退場がほぼ全てだったとは思うけど、
ストやんに関しては、2枚目イエローのプレーよりも、とにかく一枚目のプレーが軽率だったんじゃないのかな・・。
攻撃に上がっていって、そのまま名古屋陣内深いとこで、相手CBの大森に、アフターでひっかけてさ・・。
なんであんな場所で、ファウルする必要があったのか、微妙に分からない。フィードしようとしてたのを止めたかったのな?
遠くてこれまた良く見えなかったんだけど。
したって、大体、そんなに大森さんのフィードなんて良くねーのだし、勝手に送らせときゃ良かったものをよ。

そこでカード貰った時に、なんでそんな場所で無理やりファウルすんだよおう!!。゚(゚´Д`゚)゚。と、いやな予感がしたんだよ・・。はぁ。。

結局、前半の入りは凄くよかったけど、終盤あたりには、名古屋のぐだぐだ感が伝染したのか?的な印象でハーフタイムに入り
「ああ・・なんかイヤだなぁ、追加点取れなかったのイヤだなぁ」と思っていたら、
ああ、やっぱりな・・ワシもダテでに名古屋見てきてなかったな!予想通りで泣かす(P∀`q。)

前半、引きこもるだけ引きこもって、なおかつ全然前に出てこようともせず、悪い時の名古屋そのままな姿を見せていたのは、
あれも実は全て計算?計算グラちゃん?

後半開始いきなり、猛烈に高いとっからプレスかけにこられて
びっくりしちゃったな!もう!とばかりに慌てふためいた感ありなりなジェフ。
ホンディやらが前半よりずっと高い位置から勝負かけてきたり
慶君の動きもなんか全然違っちゃって、玉際で競り負けるジェフ。
んで、うう・・・や、やばすぎ・・と思っていたとこ、
慶君が中央、侵入してったのを、倒しちゃったストヤン2枚目イエローで退場・・・・・・・・・・

遠目からは、慶君が勝手にこけたんだと思えたくらい、別にそんなイエロー貰うようなプレーには見えなかったけど、
何せ遠目だからなんとも言えない。つうか、だから一枚目をあんなとこで貰うのがそもそも・・orz

これで完全にどだばたになっちゃって、増川にまで上がられるし、ありえねぇ・・。
で、結局玉田にまたもやPA内進入されてPK献上。同点。
引き続き、グラの猛攻にさらされて、ホンディのスルーパスを杉くんが決めてくれちゃって逆転。

・・・はーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・だから追加点取れる時にとらんから・・(涙

ハースが交代しちゃったお陰で、ますますボール収まらないし
山岸とか勝負しないし!
ああ、この山岸サイド、対面は直志さん。
二人揃って仕掛けないもの同志でとっても気が合うご様子だ。
仕掛けろ!勝負しろ!エリア前のバックバス禁止ーっつヽ(`Д´;)ノ
途中、直志さんにひっかけられてかなり脚痛そうにしてたから、その影響もあるのかな?とかも思ったけど、、それにしても・・。
後は、巻はもう・・・後ろに座ったグラサポカップルに、散々けらけら笑い飛ばされる出来。
悔しくて悔しくて、だが言い返しようもなく、むしろ頭抱えるしかなく、つうかクロス送ったコーキも思わず脱力だったろうな・・。
ピッチに出てきちゃった以上は、、あのプレーでは庇いたくてもなかなか庇えるものではないよ。

結局、せっかく数少ないチャンスに相手エリア前までボール運んできても、
どうぞどうぞで譲り合ってシュート打たないで終わるし。
だからそいうのは良くないって、連敗中に反省したんじゃん!
なんだかんだで最後のところは、コーキが縦に。コーキがシュートで。
って、もう・・コーキだけじゃなくて、もっと誰か!!!

勇人の飛び込みヘッドとか、そういう惜しいシーンもあったんだけど。

結局、ナビスコ前に、こうならなきゃいいな・・と危惧していた、一番悪い形で終わってしまった。
やっぱり自分達の流れの時に点を取れなかったこと。
妙にボールを繋ぎすぎ、人任せにして、最後はミスパスで終わっちゃうとこ。
そういうとこが出てしまった。

前半のいい流れが、どうして持続しないのか?
ストやんが退場になる前から、その気配は見えたから、それがナビに向けて一番気掛かりなところだけれど。

メインスタンド前に戻ってくる時に、オーロラビジョンに失点シーンが映って
それを足止めて見入っていた、選手達。

反省から、何かを産んでくれると思いたい。
いい試合にして欲しい。
巻、見返してやらんと!!笑われっぱなしじゃ悔しすぎだよ。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 てんてん*, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。