admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイカペンギンは試合前整列でしか見られず・・けど、もう後姿フェチだから!!
かわええ~~、ぱっと見、鯱くんと見まごうばかりですが、よちよち歩きもかわええ~~。
suica.jpg

毎回来て・・お願いだから毎回来て・・と願う私かな。
今日勝って、ますますそう願う私かな。(○ゲと・・に、似てる・・?)

今日は試合前着席して、練習見てる時点でコーキのシュートやら何やらきっちり入っているなぁと、期待が湧きましたよ。
って、あんまり日ごろ真面目に見てないけどw
中断前は練習からガタガタだった気がするんでね。

そして主審を見て、おお、あ、あれは、あの○ゲは!!
こ、これは山岸が頑張ってくれるのではないだろうか、とか。
結果的にそうなった・・よし、縁起物!祭る!

そんな試合開始直前になって、「うーん、いける気が・・」となったワシの更に背中を押すように、
もう一個、水面下で密かに勝利の方程式が実行されていたのだ。
涙なくしては書けない話ではありますが、ワシの隣の席のシーチケ兄ちゃんが来なかったのだ!
何を隠そうその兄ちゃんは、どしゃぶりの平日ナイターでも、スーツ姿で頑張って駆けつけておきながら、
大宮戦、そしてあの甲府戦と、よりにもよってその2試合だけ来ていなかった。
そ、そして今日も、、今日もまた来ていなかった・・か、かわいそすぎる。
かわいそすぎるが、19時を回って兄ちゃんが来そうもないと分かったワシは、
「か、勝てるかも・・」と思ってしまいました。ごめんなさい。早く俺が行かないと勝つ、なジンクスが破られますように(^^;)

かように、数々の根拠のない勝てるかも気分に押されつつ試合開始。
まずは何より、「違っ!もう全然違っ!何がって気持ちが違うよー!」と。
そう思わせてくれたのは、前半は半山岸ウオッチャーとして暮らしているワシですので(笑)
もちろん、山岸が前2試合とは違うーってのが大きいんであるが、まずは何よりプレスの勢いと激しさが違ってた。
巻が工藤が勇人がトーミが、振り回されても一回駄目でもしがみつくよに粘り強く追って、寄せて。
何よりそれに気持ちを強く感じたよ。

そんな気持ちの面では明らかにこの2試合とは違うってのを、全員が思う存分見せてくれていたけど
基本的にやっぱり守備でばたばたしてるのに変わりはないわけで
特に前半はレイナウドにボールが収まらないもんだから、上がりかけてては、慌てて戻るを繰り返したり。
守備は明らかにしてくれないので、その上ボールまで収まらないのでは、お話にならんぜよー!
(でも実はやろうと思えば守備も出来るんじゃんね)
工藤が死ぬ、巻も死ぬ、いやとにかく工藤が死んでしまう~と何度か思ったなあ。
気持ちはあっても、気持ちだけでは止められない部分もあり・・
時間の経過とともに、磐田に崩されまくり、結局は先制点を許してしまう。

今日の選手は本当に死にもの狂いという言葉がぴったりな・・
そういう気持ちで戦ってくれていたから、
どんなに無様でも食い下がっていてくれたから
これで結果に繋げられなかったら、心が折れてしまうよ、と絶対に絶対に負けられないよ。
勇人負けるなガンバレー!!と心底願ったよ。

でも選手の心は折れなかったのでした。

コーキが左足で入れた見事なアーリークロスを巻が頭で合わせて同点!!
何と言いましても、フクアリに通うようになって、なんとか一年が過ぎようとしてますが、
遂によーやくバクスタのアウェー寄りに選手の輪が来てくれた~~~~…(つД`;)

さんきゅー巻!!
そうなんだよ、煽るならアウェーコーナー自由なんて煽ってないで、
こやってバクスタ側の自由席を煽ってくれればいいのだよ。
いつも遠くから、「煽っているな~( ´ω`)」とのどやかに見ているだけな巻の煽りを存分に拝見させていただきました。
鼻息荒いなあ~とか思いながら(笑)
巻におんぶする山岸も・・あうあう、やっとこゆ山岸が見れた~。

お願いです、これからもこっち側来て喜ぶように、皆に広めて下さいw
心残りはアシストしたコーキがこの輪の中には加わっておらんかった事かな。
とりあえず鼻息の荒い巻に一通り拍手を贈った後に見た時には
もうライン際で給水しながら、ベンチの指示を聞いておったわ。

そのあと、レイナウドのシュートがポスト弾かれたとこ、打った巻のシュートが外れて、
ぐあーっとのけぞってみたりしつつも、なんとか追いつたとこで前半終了。

そして引き上げてく萌えコンの姿に萌え萌えしつつ・・。
しみじみと、今日の山岸はやっぱりサトル兄貴だぜ…(つД`;)
ダイナミックトラップを遂に披露しちゃったけど、いいんだ、いいんだ・・
挑む気持ちだけでも嬉しいんだ、と涙ながらに見送るワシなのであった。(いや、泣いてないよ)

残念ながら、ハーフタイムのペンギンダンスは見れませんでした・・。
やっぱり禁煙するべき?べき?(^^;)

そして後半。
正直やばくね気分が増しておりました(苦笑)
徐々にレイナウドがキープをし始めてくれたので、勇人や工藤の飛び出しとか、
何度か「あ、ちょっとジェフっぽ・・」なシーンもあったんだけど
やっぱりスペース空きまくりになってきてて、一気にこられるので
怖いよう~~~…(つД`;)と。
山岸は遠いところへ行ってしまったので、レイナウドとワンツー抜け出しを試みているのは分かるのですが・・
そして、個人的にはコーキ対上田康太に後半は注目してまして、ま、これは勝ったよね!
やっと・・やっと五輪メンバー対決で勝った・・ホロリ(いや、追加召集だけども)

水本君が右サイドから放り込まれたクロスを、戻りながらも必死にクリアしてくれまして、
そのプレーっぷりに感動しつつも、それで与えたCKから、また失点。

でもだめまだ諦めないぞー!今日は勝たなきゃ絶対嘘だから!

巻から新居ちゃんへの交代。
巻も前半からよく守ってくれてたと思うよ。とにかく鼻息荒く頑張ってたよ。
(鼻息鼻息うるさいですね・・いや、初めてだっただけに、相当なインパクトが・・w)

新居ちゃんへのサポの期待の大きさが、ピッチに入った時から分かった。
そしてその期待にファーストタッチのプレーから応える新居ちゃん!
小さい体で、でも粘れる。頼もしすぎて泣けてくる。

なんと言っても、コーキのパスに抜け出して打ったシュート。
あの流れ!あの動き出し!あそからシュートをきっちり打ちにいける、そのストライカー魂!!
ああ、、やっぱり本物だ~~と、心底わくわくしたですよね。
このプレーで一気にボルテージが上がったですよね。
スタジアム中が新居ちゃんへの期待に打ち震え、その期待を確信に変えていましたよね。

新居ちゃんはやってくれるはず!!という確信に。

その後、工藤→コータへの交代。
工藤もほんとーに良く走って守って必死にやってくれたなぁ。。
もう守るのだけでいっぱいいっぱいで攻撃にまで顔を出せなかったりもしたけど
いいよ、その気持ちだけでも、今日はもう、、死にそうだったし(^^;)

その前から再三、山岸相手にアタックしかけてくる、磐田の右が怖かったので、
コータの守備は大丈夫なのだろか~と、はらはらしてましたが、な、なんとか無事に終ってくれて良かった。
コータが左に入ったことで、山岸がトップ下になって、こういう終盤疲れてる時には、山岸のガタイの良さが活きるな(笑)
ガタイがいいから、なんとか凌げるんだね、相手に寄せてこられても。

そんなこんな変化がある中、左に流れた山岸が折り返したボールを
中で3人4人とスルーして、右のコーキに。
コーキが打ったシュートに勇人がちょこっと触ってコースが変わって決まった!

追いついた!やっとやっと追いついたよ!
だけど、まだ同点。
コーキもほんの一瞬、天に向かって両手突き上げたけど、即座にゲームに戻る。

こっから更にヒートアップするスタジアムの空気。
磐田側の声援なんて、ほんとーに全然耳に入らなくなって、
これはねえ、この場所でこれはほんとに滅多にないことですよ?(苦笑)

何度も何度もゴール前に迫って、そしてレイナウドのスルーパスに新居ちゃん抜けだして、
一回ヨシカツに弾かれても、またそこをヘッドで押し込んで!!!

ついにとうとう逆転!
これだよね、これが見たかった、レイナウドを最初に見た時から、絶対こういう関係が作れるはずだと、思ってて。
そして、新居ちゃんはその本能で得点してくれた!
出番がなくても腐らずに、見せ付けるかのようなこのゴール、たまらなかったよー。

で、選手はメイン側に雪崩打って、なんか潰されてますねえ~、しかし、あそこに行かれては・・・というわけで!
コーキは今回も輪には加わらず、コーキの後ろから水本君とかが駆け出していってるのだけど
たぶんおそらくコーキだけが、また天を仰いで、そのまま頭を少し抱えて、
逆転した喜びを一人で噛み締めておりましたよ。

しばし、その場で雪崩になってる選手の輪を見つめておりましたが
その後、おもむろに立さんのところへ走り出し、既にもう真剣な顔つきで話し合いをして
それから、誰に向かってなのかは定かではないが、何度も「時間、時間」と時計を指差す素振り。
ああー・・ホイッスルが鳴る、その瞬間まで決して気を抜くものかという、
勝ったら更新にも似た、勝ったら喜ぶ!(ちょっと違うんじゃ・・)な気持ちが伝わってきて、
これはこれで頼もしくも嬉しかったなぁ。

そしてここからの時間が、また長く感じて・・。
けど、ロスタイムも含めて、みんなちゃんと分かっていましたね。
出来る限り時間を使って、使って、コーキがコーナー付近で粘りまくる姿が、これまた頼もしかった。

そしてようやくタイムアップな瞬間に、選手が何人もへたりこむ姿に、うるっと涙が滲んだよ。
水本君が、勇人が、そしてコーキが、精も根も尽き果てた様子で、もうしゃがみこんでしまって。
だけど、そのあとに見せたみんなの笑顔爆発する様子。
ああ、、報われて良かった。選手みんなの真剣な、貪欲な勝利を渇望する気持ちが、ちゃんと実って良かった。

スタンドの挨拶周りでは、コーキは水本君にボトルの水をぶっかけながら、自分でも頭から水をかぶり
山岸は落ちてたフラッグを拾い上げて、フリフリしつつG裏へ向かい
山岸がフラッグ振るなら、俺はビッグフラッグを!!
と、これまたコーキがG裏のビッグフラッグを振るけど、どうやら重かった模様・・w
勇人はバクスタにいたちびっこサッカー少年達に、キャプテンマークを投げ渡し、
コーキもコーキでG裏にスパイク投げ入れて、黄色い足してぺたぺた帰って行く姿を遠くから眺め、
つか、山岸になにやら言われてるね!言われてるね!(と、遠すぎるっつーのに執念で観察中)
とにかく、もうなんでもありだぜ、やほ~~いな空気がたまらんかったです。

新居ちゃんのインタ、巻のインタ、勇人のインタ、コーキのインタ
それぞれに胸熱く、頼もしく、絞ってる絞ってるとウケつつ・・

試合後にやっとOVER映像見れたのが、、ほんとにほんとに幸せだった。
あれを見てる時の、あのスタジアムの空気が実は一番好きかもな・・。

勝ちたいね、繋げたいよ、100%信じていけるように、どうか次も気持ちでもぎ取ってくれ、勝利を。

と・・ああ、最近勝ち試合ゲームをまともにレポってないから、もう収集がつかない・・山岸の事はいったいどこに突っ込めばいいんだろう・・(苦笑
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 てんてん*, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。