admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーと今、とりあえず脳みそを落ち着けましょうって感じなんですけど(笑
代表合宿、みんな楽しそうなんですよねぇ。
よーし頑張っちゃうぞーって感じがにじみ出てると思います。
あれ見ちゃうと、もうずっとずっと選ばれ続けてくれーとしか思えなくなるなぁ。
羽生さんと加地さんの試合に向かう前のハイタッチ光景とか和んだ。
あと2本目始める前の円陣も、ジェフの4人に今野とか安田とか川口、中澤とか・・なんかみんな笑顔で・・。
この笑顔・・これもこのフル代表を爺ちゃんがこつこつ育ててきたからこその笑顔なんだよな~。
どうか根こそぎ替えてくれるなよ・・・。

と、そんな事を思いながら眺めた試合・・まず一番思ったこと。
コーキ、リーグ終盤のあのグダグダは一体何??五輪のしっくりこなさっぷりも、一体どこへ?って事ですかね。
他の4人は、特別ジェフでやってるプレーと印象変ることはないけれど、コーキはもう全然・・動きからして違うんだよなー。
良く走り、良く周りを使い・・・周りたって羽生さんとかなんだけど(^^;)
まぁあの復帰後は、よほどコンディションが悪かったのね、と実感したねw
代表云々以前に、リーグでやっとけよーリーグでやっとけよーとそればっか思ってた(笑
播戸の得点は、そんなコーキが起点になって、サイドに開いた羽生さんにボールを振って
んで羽生さんがあげたクロスを決めてくれたもの。
ワシの法則からいくと、決めたのは播戸だけど、ジェフが挙げたゴールだからw
ちなみに、巻の得点もコーキのCKかなんかだから、コーキはなかなか頑張ってたはず。

はず・・というのは、途中までしかしっかり見れなかったからです。
山岸がアップを始めてからは、、ちょ、ちょっと余所見タイムが長く・・・

だって、山岸があんまり楽しそうに登場し、ホンディやケンゴや橋本と和やかに談笑し
その場でちょっと馴染みきってなさそうな大久保の心を、たぁ坊スマイルで解きほぐし・・なんてやってるものだから・・。。
すいません。こっからはしばし山さんタイムで。

とはいえ、ゲームでは山岸はいつもどこでも山岸なので、特段変ったこともなく。
一本、うっちーのクロス、それは決めないとー!を決めないとか、変わりなく。
それを言ったら、羽生さんも2本、決定的ー!!なの外して、やっぱり変わりなかったな・・(P∀`q。)
いつか決まるから、決めるから、その過程を評価してあげてー(と、虫のいい話・・)
1、2本目に比べて3本目はかなりぐだってた気がしたけど、全般に。
でも、4本目で長谷部と矢野が入ってから、ぐぐっと良くなった。矢野も良かったけど、長谷部一人で随分違う・・・。
だが、そんな4本目、山岸は左SBやらされて気の毒~~。
そいでも良く前に出てきてましたけど、ボール触る回数的にはどうだったかなー。アピール出来てればいいなぁ。

ジェフの中で山岸だけ別組だったんで、山岸が試合やってる間に、他の4人はクールダウンも終えて帰ってしまってた。
とゆうわけで、ひたすら山岸比重の高い合宿見学となったのであった。

試合後も、ケンゴと橋本と3人でランニング、この二人を、代表のコーヘーと中島と呼んでいいだろうか(笑
あとは、みんなで輪になってのストレッチも楽しそうで、ホンディとか岩政ともにこにこと話してました。

で、全部終わってバスに乗り込むときには、ファンサまでしてったよー、初めて見たよー代表でのファンサ!
一箇所でやってたら、逆の方からも声かけられて、そっちに向かう時も凄い穏やかな笑顔を浮かべ、
なんだか本当にご機嫌麗しく、手応えがあったのかなー、実ればいいけどなー。
どうしよう、ただ単に、久々にケンゴくんや橋本さんに会えて話せて楽しかったな~(´∀`*)だったら・・ww
で、結局、後からケンゴがやってくるまでファンサは続き、んでケンゴと一緒にバスに乗り込んでいくのであった。
やはり代表のコーヘーだw<ケンゴ
日程が厳しくなれば、どうしても代表なんて~~と思えてしまうわけだけど・・
それぞれの充実感溢れる表情を見てしまうとねぇ、いけるとこまでとことんくらい付いてって欲しいなぁ。
みんなそれぞれ人事は尽くしたはずなので、あとは大人しく結果を待つばかりですー。

で、ジェフの色々な結果はいつまで待てばいいのかしら~?
でも、なんか結構わくわくさせてくれるよな監督の名前も挙がってるようで・・
肩透かしで終わりませんように!!
スポンサーサイト



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 てんてん*, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。