admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前日のユナパの夕焼けも綺麗だったけど、この日の熊谷の空も広くて綺麗で何度も見上げちゃったな。
空が綺麗じゃなかったら、俯いたまま歩くしかなかったから、ちょうどよかった。
熊谷ドームは、湯たんぽみたいだし、蟹の甲羅みたいだし、しげしげとこれまた眺めちゃった(笑)
PB150237.jpg

コーヘーがどっかのメディアでの試合後コメントで
「勝てばこのチームで、もっと試合が出来る・・本当に勝ちたかった」って言ってるのを読んで、切なくなったよ。
もっとこのチームで・・・っていうコーヘーの想いとは裏腹に、
熊谷の地で目にしたのは「こんなチームはもう解散してしまった方がいい」とサポに思わせるばかりの試合だった。
私は今年のこの駄目駄目でどうにもならないチームが、何故か好きなんだけれども
それでも、試合終了後に感じたのは、ああ、もう駄目だなぁ・・っていう脱力感だったかな。
残留宣言めいた報道もあったけれど、この試合の状況から、やっぱり無理だと出て行く事を考える選手がいても不思議ではないし、
そして悲しいかな、サポもそれを引き止める気持ちにはなっていないし、むしろ出て行けくらいな気持ちな人もいるだろし、
そこにはもう、WIN BY ALLなんてかけらもなくて、ばらばらかな、と思う。
あの等々力での涙は、想いはなんだったのかなと思う。

トーミを下げた時に、やっぱりえじさんの限界を見た気がする。
完全に2ラインになっちゃった広大な真ん中のスペースを、ただむなしく走り回らされて、痛々しくて見てられんかったコーヘー。
守備も攻撃も、前に行くこともボールを拾うことも、パス出すことも走り出すことも、そしてキャプテンマークも、なんもかんも押し付けられて。
それでも、やっぱりそんなコーヘーにも容赦なく罵声は飛ぶ。仕方ないことだけれど。
メインの前に来て、泣きはらした顔で挨拶してくコーヘー見てて、もう、楽にしてあげたいよ、と思った。
力不足は確かにあるし、10番の仕事はしきれていないかもしれないけれど、でも、何もかもをコーヘーに背負わせすぎ。
コーヘーには何より自分を大事にして欲しい、今のままでは勿体無さ過ぎる。
それがこの試合終えて一番感じたことです。

試合後、バスをぼーっと待ってたら、団体の人がバスを止めていろいろ拡声器で訴えてた。
そんないきり立った感じでもなかったから、正直反対側に座って、
最初から音楽とか聴いてた選手の中には「明らかに気づいてないような・・・」という人もいたように思うけど・・(^^;)
淡々と訴えて、ジェフバスも淡々と去っていた。

PB150224.jpg

ベンチにかけられた12ユニ、川崎戦で初めて気づいて、「誰のユニなんだろ?」と思ってたんだけど
ようやく謎が解けた。
「12」でそれぞれ「さぽーたー」「ボランティア」「スポンサー」「スタッフ」となっていた。

社長・・・いろいろ頼むよ。




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 てんてん*, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。